So-net無料ブログ作成

ジャンジャコモ・グェルフィはルッフォの弟子だったのか

ggport01.jpg 2012年2月に亡くなったイタリア人バリトン、ジャンジャコモ・グェルフィ。
 第一次・第三次イタリア歌劇団として来日し、「アイーダ」「アンドレア・シェニエ」「トスカ」等に出演し、映像も残っていますので、日本での知名度も高いのではないかと思います。

 このグェルフィがティッタ・ルッフォの弟子だった…という説があるらしい。

「えっ!? ルッフォに弟子はいないはず。誰がそんなテキトーなことをっεε=ヽ( `Д´)ノ 」なんてプチキレたりもしたのですが…Wikipediaの英語版にちゃんと書いてあるのだそうです。 ⇒⇒⇒Giangiacomo Guelfi Wikipedia
from Wikipedia
Born in Rome, Guelfi studied law before turning to vocal studies in Florence with baritone Titta Ruffo.
(ローマに生まれたグェルフィは法律を学び、後に転身。フィレンツェにてバリトン歌手のティッタ・ルッフォのもと声楽を学んだ)

 本来なら「誰かが誰かの弟子」などという情報は、師弟どちらの歌手についても理解や親近感を深めることができるので、大歓迎なのですが、ルッフォに限っては〝弟子〟を名乗られるのはちょっとイヤ。

 というのも、正統な音楽教育をほとんど受けずに歌手となったルッフォが、それ故に弟子を取ろうとはしなかったというのは、ルッフォのファンの間ではけっこう有名な話でして、自伝に追記された長男、ルッフォ・ティッタ・ジュニア氏によるエピローグにも明記されているからなのです。

I never knew how to sing, that is why my voice went by the time I was fifty. I have no right to capitalise on my former name and reputation and try to teach youngsters something I never knew how to do myself.
(私は歌い方というものを知りません。それが50才を前に声を失った理由です。過去の名声や評判を利用して、自分でもわかっていなかった事を若い人たちに教えるなんてことはできないのです)

 師弟関係はもちろんのこと、マスター・クラス等々を開講することも無かったそうです。

 ですので、ルッフォのファンの立場としては、グェルフィが弟子というのは違うんじゃないかなぁ……と……。

 グェルフィ側も、ざっとネットで検索する限りでは、そう名言しているのは英語のページだけのような気がする。どれも同じ文章だし。コピペが容易なネット上では、憶測がいつのまにやら事実として拡散するのはよくある事です。
(とはいえ、私もソースはルッフォの自伝だけで、グェルフィ側の資料を漁ったわけではありませんので、100%の自信は無いです)

 それにしても、なぜグェルフィ弟子説が存在するのか。
 ヒントを求めて再度自伝を読み返してみたところ、興味深い箇所がありましたのでご紹介します。
---------------------

 自伝のエピローグによりますと、ルッフォは個別に歌のレッスンなどを施すことはなかったけれども、オーディションを望んでやってくる若き歌手たちに対しては常にウェルカム状態で、多くの時間を割いて彼らの歌を聴き、熱心に助言を与えていたとのことです。

 ルッフォ自身は修行時代に良い師に巡り合えなかったため、デビューするまで大変な苦労を強いられました。本当に才能がある者にはそのような経験をさせたくないという、強い思いがあったのでしょう。

 フィレンツェで声楽を学んでいたグェルフィも当然、ルッフォに自分の歌を聴いて貰いたいと訪ねていったことと思います。憶測ですが、そのエピソードが後に「ルッフォに学んだ」という認識に変化していった……ということではないでしょうか。

 それらの有望な若者たちの一人に宛てたルッフォの手紙が、自伝に紹介されています。
 1945年11月8日。翌日に《リゴレット》でのデビューを控えた歌手を励ます内容です。

 グェルフィもリゴレットでデビューをしているので、「お! これが弟子説の元か?」と一瞬興奮しましたが、よくよく調べてみたらグェルフィのデビューは1950年でした。残念。

 以下が拙訳です。間違いがあったらすみません。
 ソプラノとの旋律に留意しつつ、穏やかに歌うこと。なるべくメッツァ・ヴォーチェで。華々しくならないように。昨今のバリトンはそんなふうに歌うがね。
 ❛Cortigiani❜の部分は劇的に強調し、❛Miei signori❜と二重唱❛Piangi fanciulla❜では、父親らしい情感を込めて。どちらもこのオペラの中で最も痛ましく哀れを誘うメロディだ。魂を込めて歌うように。それが秘訣だ。
 そして最終幕。レチタチィヴとジルダの死の二重唱で最高にドラマチックに盛り上げなさい。全身全霊で、歌って歌って歌うのだ!
 きみが緊張してしまうだろうから、私は劇場へは行かないでおこう。だが、私の教えは常にきみと共にある。
 自分の家で歌っているかのように落ち着いてやればいい。きみの声は素晴らしい。成功するだろう。そう願っている。
 きみを息子のように思っているよ。神が共にあるように。
ティッタ・ルッフォ


 ルッフォといえばハムレットですが、21才の頃から歌っているリゴレットも得意中の得意です。

 一つひとつの見せ場をルッフォがどんな思いで歌っていたのかが垣間見える、ファンにとって大変興味深い内容です。

「歌って歌って歌うのだ!」という言葉が、まさにルッフォの歌唱そのもの!

 ジャンジャコモ・グェルフィも、こんなふうにルッフォに助言を貰ったのかもしれないですね。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

斑猫

50年代にルッフォがさる若いバリトン歌手に「君は僕のように歌うね」と言ったという逸話が出回っていて、その相手がバスティアニーニだとされているようなのですが、個人的にはグエルフィの方がふさわしいような気がします。同じライオン系ですし。でもそれならそれでもっと宣伝に使ってもよさそうなものなのに。奥床しいのか、LPの時代になってルッフォの活躍の記憶が薄れてきてそれほどの宣伝効果がなかったのか、どうなんでしょうね。
by 斑猫 (2014-01-13 20:09) 

しま

斑猫さん
お久しぶりです! コメントをありがとうございます。

確かに、グェルフィだったらその逸話は納得です。
バスティアニーニだったら、ルッフォを草葉の陰から引きずり出して小一時間問い詰めたいところですが(笑)
by しま (2014-01-13 22:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

TweetsWind

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。